FC2ブログ

VIOLET AND CLAIREに!!

VIOLET AND CLAIREで!!
『ミニバラvol.4』お取り扱いいただくことになりました!!

東京へ行ったときは必ず寄っていたお店VIOLET AND CLAIRE。
渋谷から京都へ移転ということでとっても楽しみにしていました。
しかも移転先は四条でも三条でも左京区でもなく五条。
学生の頃友達も住んでいたし、高瀬川(三条辺りみたいにうるさくない静かなところ)沿いもよく歩いたし、efishもよく行ったし、私としては思い入れのある場所。
めっちゃうれしい。

そんなVIOLET AND CLAIREで!!
ミニバラが!
…うれしいよう…(>_<)

ちょうどzine libraryでのトークイベントをさせてもらったところだったので
そのときテキストとして、
きてくれた方にお渡ししたzineを付けて、
ちょっとしたおまけをつけて、
ミニバラパックにして、
300円にしました。
限定5部です。

VIOLET AND CLAIREではそのトークイベントを一緒にしていただいた財津奈保子さんのzine『MONOLITH』もお取り扱いしています。
ぜひ一緒にどうぞ!

ところでこのミニバラパックは300円で、
ミニバラzine単体では200円、というか、
私のzineは大体200〜300円なんですが、
これはもちろん採算とれませんし、
まあ、これで儲けるはずもないし、
かといって、趣味や娯楽だけなのかと言われるともっとアツい思いもあり、
「お金なんかいらない」なんて思っていませんし(お金はたくさんいります。お金以外に欲しいものもたくさんあります。)、
「私の作ったものなんか200円くらい」とか自分を卑下しているわけでもなく、
そもそもこれが安いのか高いのかは買う人が考えることだし、
なぜ200〜300円なのかというと、
他のものと一緒に買ってほしいからです。
200〜300円だとちょうどいい感じかなと。

lilmagでは他の刺激的なzineと一緒に
◻︎◻︎◻︎◻︎distroではかっこいい音楽と一緒に
VIOLET AND CLAIREでは、可愛くてわくわくするものと一緒に。

あとちょっとなにか買えるときに
「じゃあこれも」って買ったとき
なんかちょっとうれしいような気分になります。よね?
私だけ?
無駄遣いじゃなくて、ちょっとだけの贅沢だと思いたい。です。
そんなふうに買ってもらうことを想像して楽しんでいます。










スポンサーサイト

12/7トークイベント「女性がzineを作るとき」@&Anne

12/7のトークイベントにご参加下さいましたみなさん、ありがとうございました!!

私や財津さんがどんな思いでどんなzineを作っているのか、財津さんがLotus plazaのライブをみにアメリカへ行くまで、行った時、行った後のこと、ライオットガールについて私たちがそれぞれ思うこと、自分たちがすてきだと思う人たちのこと、などなど、たくさんのzineや雑誌や本を机いっぱいに並べてお話させていただきました。
財津さんはとてもしなやかに大胆な女性で、それがきっと彼女のあらゆる作品の魅力の元なんだろうと話しながら考えていました。

財津さんと打ち合わせのときもどこまでも話が尽きなかったのですが、
なんとかわかりやすく噛み砕かなくてはと思いながら、
思いのまま、どばとばと話してしまいました。

参加してくださった「DIY TRIP」の著者タテイシさんがblogで「大学のゼミのようだ」と表現されていて、「そうそう!そういうのやりたかったんだ!研究会!」と思いました。

まだまだ話足らないところがたくさんあって、もっとテーマを細かく分けてまたこういう会が開けたらいいなと思っています。

思わぬ収穫は、私のzine「ミニバラvol.4」を読んだ男性の感想が聞けたことでした。

私はミニバラ4で自分が「ギターを弾く女の子」として見られてきたことの違和感を
自分なりに掘り下げてみたのですが、
それを読んで下さった男性が「別に嫌な感情はなく納得しながら素直に読めた。」と言ってくれたり、
「僕もそういうの(女の子が出てきてライブ会場が変に盛り上がる様子)が気持ち悪いと思ってました。」と言ってくれたり、
女性だけじゃなく男性も色々と思うところがあるのだと、そしてそういう意見はとても大切だなと感じました。

「女性がzineを作るとき」なんてタイトルでしたが、男性もきて下さったことがとても嬉しかったです。

トークイベントなんていうと偉そうなので、「ミニバラ研究会」ってどうですか?
参加者募集です♪


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。